知的財産権講座第230回:ホームページに関する著作権の問題

ホームページに関する著作権の問題

 

著作権法の、これだけは知っておいた方が
よいポイントを紹介していきます。

私なりの解釈もありますので、その点は
お知り置きください。

ホームページ上に、他の人のリンクを
設けることは、相手方のトップページ
リンクであれば著作権の侵害と
なりません。

他の人に無断で行っても著作権の侵害
とはなりません。

これは、ホームページやブログを作成されている
皆さんの多くは、ご存知かと思います。

では、
「ディープリンク」=特定階層へのリンクは

ディープリンクは、著作者人格権等の
侵害の可能性があります。

著作者人格権とは、氏名表示権や
同一性保持権です。

●氏名表示権
著作者には、ホームページの氏名を
表示するか否か、決定権があります。
勝手に名前を出されては嫌だ

●同一性保持権
たとえ悪意がなくても、ホームページを
このようにより見やすく変えてしまう。
勝手に内容を変えないでください
許可なく他人は、これはできません。

●名誉・声望保持権
例として、ホームページの内容に変更
が無くてもピンクサロンの広告に
使われた場合があります。
こんな使われ方は嫌だよね

以上は、可能性があるということで全て、
著作権の侵害になる訳ではありません。

著作権の知識として知って
おいた方がよいでしょう。

この話は、知的財産検定やビジネス著作権検定
でも出題されます。

著作者人格権についても、概要の
紹介となりました。

関連記事

  1. 知的財産権講座第63回:発明は新規性だけでなく進歩性も必要
  2. 知的財産権講座第124回:この場合は著作権の侵害になるの?
  3. 知的財産権講座第313回:著作権に関する行政書士の業務
  4. 知的財産権講座第154回:知っておくと役立つ特許の話
  5. 知的財産権講座第3回:中古の家庭用ゲームソフトの著作権
  6. 知的財産権講座第237回:特許調査の目的
  7. 知的財産権講座第326回:システム開発委託契約を結ぶ時の注意点
  8. 知的資産経営第23回:知的資産経営と行政書士の役割

最近の記事

PAGE TOP