知的財産権講座第229回:発明の進歩性

発明の進歩性

一般の人、社内でも知財をよく知らない方
から質問を受けました。

発明が特許されるためには、確かに
新規性は必要です。

特許調査してみたら、同じ特許出願は
無かった。

新しいアイデアだから大丈夫、
特許される。

待ってください

進歩性も備えていないと特許されませんよ

当業者(その分野の専門家)が、
簡単に思いつくようなアイデアは
進歩性がなく特許されません。

この辺のところは、よく検討しなければ
なりません。

 

実は、特許出願をした場合に、特許庁の
審査官からの拒絶理由で多いのは
進歩性が無いということです。

 

特許出願の際から、公知例をよく検討し
ておいて自分の発明の特徴を把握して
おく必要があります。

 

進歩性を見出せないなら、特許出願
を止めるという選択になります。

関連記事

  1. 知的財産権講座第40回:知財戦略
  2. 知的財産管理技能士の活躍する場所
  3. 知財経営の実践(その4) 自社の競争力分析
  4. 特許調査には助成金を利用する
  5. 知的資産経営その4
  6. 知財コンサルタントに求められること?(2)
  7. 知的財産権講座第245回:著作権登録のメリットは?
  8. 知的財産権講座第177回:著作権

最近の記事

PAGE TOP