他人にわかってもらう努力が大切!

知的財産コンサルタントには、
他人にわかってもらう努力が大切

知財の特許明細書など、知財関連は
ある意味、特殊な仕事
です。

法律用語や技術用語を取り扱います。

これらを、わかりやすく説明することが
必要です。

裁判所や技術に疎い弁護士さんには、
わかりやく技術の説明をします。

技術者には、わかりやすく法律の説明
をします。

これは、特許庁や裁判所に対してだけでなく
クライアントに対してもわかりやすい
説明が必要です。

クライアントの理解を得られてこその
仕事です。

クライアントの理解を得られなければ、
仕事が無くなってしまいます。

これは、知財だけでなく、他の専門職、
法律職、士業、コンサルタント
にも
当てはまることです。

真のプロフェショナルは、専門分野に関して
素人や専門外の人にわかりやすく説明
できることが求められます。

それは、難しいことですが、本当にできる人
は、素人や専門外の人にわかりやすく説明
できる
ものと思います。

原理原則が、頭の中で整理されている
からです。

できるように努力していきたいと思います。

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第290回:コンサルティング契約を結ぶ時の注意点
  2. 知財経営の実践(その3) 知財の宣伝効果
  3. 知的財産権講座第293回:侵害品輸入差止申立
  4. 知的財産権講座第145回:知っておくと役立つ特許の話
  5. 知的資産経営第7回:なぜ知財経営が必要なのか?
  6. 知的財産権講座第69回:会社の従業員等が発明した場合(1)
  7. 知的財産権講座第89回:知財と条約 特許協力条約(2)
  8. 知財コンサルタントに求められること?(2)

最近の記事

PAGE TOP