知的財産権講座の紹介

知的財産権講座の紹介

以下は、これから連載する知的財産権講座の内容紹介です。

知的財産権は、大きく以下に分けられます。

◆産業財産権(特許、意匠、商標)

◆著作権

◆その他の知的財産権
(不正競争防止、回路配置利用権、育成権など)

産業財産権(特許、意匠、商標)は、産業の発達を図ることを目的としています。

産業財産権(特許、意匠、商標)は、特許庁へ出願申請して、審査を受けて
登録されないと権利が発生しません。

これらは産業の発達を図ることが、目的ですから、審査を経た正当な権利
でないと、かえって産業の発達を妨げるおそれがあるからです。

その他の知的財産権
(不正競争防止、回路配置利用権、育成権など)は、特許庁への出願申請
ではありません。

例えば、種苗(樹木の種)の育成権は、
農水省の出願申請して、審査を受けて登録されないと権利が発生しません。

著作権は、審査なしで、創作した時点で権利が発生します。
著作権は、文化の発達を図ることが、目的であるからです。

知的財産権法は、民法の特別法です。
したがって契約や損害賠償などは、民法の基本的な知識が必要となります。

関連記事

  1. 知的財産権講座第223回:日本人で初めて外国特許を取得した人は?…
  2. 知的財産権講座第232回:著作権法がなければどうなるか?
  3. 行政書士の資格を忘れた訳ではない
  4. 「知財経営の実践」の記事の連載(第24回)
  5. 知的資産経営その35(特許権侵害を争う方法)
  6. 知財経営の実践(その3) 知財の宣伝効果
  7. 私の特許調査のメニューと料金
  8. 知的財産権講座第306回:肖像権にも、ご注意を!

最近の記事

PAGE TOP