特許調査には助成金を利用する

大企業は、特許調査を調査会社に依頼する場合
が多いです。

中小企業の場合はどうか?

特許調査については、専門家による
コンサルティングを受ける必要があります。

しかし、調査費用がかかるから
と二の足を踏む場合が多いです。

特許調査費用は、地方自治体などの
助成金を利用することができます。

私は、将来、特許調査と知財コンサルティング・サービス
を提供しようと考えています。

お客様の知財活用の助成金の申請を代理する
ことも取り入れなくてはならないと思いました。

特許・商標、知的財産に関する補助金・助成金の申請
を行政書士ができます。

 

関連記事

  1. 知的資産経営その5
  2. 知的財産権講座第107回:座談会の内容の著作者は誰か?
  3. 知的資産経営その18(大学との共同研究)
  4. 知的財産権講座第199回:サービス業務の内容も特許の対象になる
  5. 知的財産権講座第270回:コンピュータプログラムは著作権で保護さ…
  6. 知的財産権講座第319回:行政書士の知的資産関連業務とは
  7. 知的財産権講座第41回:意匠権
  8. 知的財産権講座第251回:映画の著作物で注意すること

最近の記事

PAGE TOP