語学を学び、語学で稼ぐ!

業の知的財産部で要求される専門性
必要な知識・能力は、以下の3つです。

①法律

②技術

③語学

法律、技術の話は、さておき今回は、
語学についての話です。

外国出願、海外への企業進出、外国での
訴訟問題など、国際的に活躍しなければ
ならない場面が増えています。

外国特許出願のための翻訳は、翻訳担当専門職に、
お任せしています。

英語、ドイツ語、フランス語、日本語
を使いこなします。

語学が苦手な、私としては
頼りにしています。

語学を習得し、語学で稼いでいます。

個人的な書類の日本語→英語は、翻訳の仕事を
している彼に、添削を依頼してみました。
もちろん謝礼は、彼に支払いました。


これでも伝わるかもしれないけど、
この英語の表現の方がより良いですよ
勉強になりました。

ちなみに、外国出願を読んだり、
外国文献を読むのは、私もやります。

しかし、外国出願書類は間違いが
あったら、大変なので専門家に
お任せしています。

私の知り合いは、特許翻訳の仕事を
フリーでしています。

彼女は、1週間で200ページ近い翻訳を
こなしてしまいます。

しかも、米国や欧州の特許弁護士の
内容チェックを受けてもほとんど
ミスがありません。

ほとんど完璧ですね

翻訳者の中には、米国とフランスとドイツに
滞在していた女性がいます。

彼女は、子育て中で短縮勤務ですが、
効率良く、仕事をしてくれています。

このため、少なくとも英語はマスター
しなければなりません。

その上で、米国と欧州の特許法くらいは
理解しておく必要があります。

最近は、中国も重要となってきていますが、
やはりまだ欧米中心です。

 

外国特許出願のための翻訳は、翻訳担当専門職に、
お任せしています。

翻訳者の中には、米国とフランスとドイツに
滞在していた女性がいます。

彼女は、子育て中で短縮勤務ですが、
効率良く、仕事をしてくれています。

英語、ドイツ語、フランス語、日本語
を使いこなします。

彼女は、1週間で200ページ近い翻訳を
こなしてしまいます。

しかも、米国や欧州の特許弁護士の
内容チェックを受けてもほとんど
ミスがありません。

ほとんど完璧ですね

語学が苦手な、私としては
頼りにしています。

ちなみに、外国出願を読んだり、
外国文献を読むのは、私もやります。

しかし、外国出願書類は間違いが
あったら、大変なので専門家に
お任せしています。

私の知り合いは、特許翻訳の仕事を
フリーでしています。

語学を習得し、語学で稼いでいます。

個人的な書類の日本語→英語は、翻訳の仕事を
している彼に、添削を依頼してみました。
もちろん謝礼は、彼に支払いました。


これでも伝わるかもしれないけど、
この英語の表現の方がより良いですよ
勉強になりました。

私も、もう少し語学を勉強します。

 

関連記事

  1. なぜ知的財産活用プロデューサーになったのか?
  2. 知的財産権講座第3回:中古の家庭用ゲームソフトの著作権
  3. 知的財産権が行政書士の業務と知ってもらう
  4. 知的財産権講座第13回:パリ条約
  5. 知的財産権講座第186回:著作権法のポイント
  6. 知的財産権講座第48回:著作権
  7. 知的財産権講座第282回:自分の小説や漫画の著作権を取得したい?…
  8. 知的財産権講座第219回:商標権を侵害していると警告

最近の記事

PAGE TOP