知的財産権講座第123回:著作権は、いつ消滅するのか?

著作権は、いつ消滅するのか?

著作権の保護期間は、原則として著作者
の死後50年を経過するまでです。

長いと感じますか

アメリカでは、「ミッキーマウスよ、永遠に!」
で書いたように、著作権の保護期間が、
延長され長いです。

エンターテインメント産業の保護は、
アメリカの国策だからでしょう

ところで、会社の持つ著作権は、
死後ということが、そぐわないので
著作物の公表後、50年を経過するまで
50年です。

映画の著作物は、多数の著作者が存在
しますので、公表後、70年を経過する
までです。

著作権の保護期間が、切れて後は、
原則として自由に利用できます。
社会の共有の財産として、文化
の発展に寄与するからです。

著作権を利用される際には、
著作権の保護期間かどうか
確認された方が良いでしょう

知的財産管理技能検定やビジネス著作権検定
でも、出題されるポイントです。

 

関連記事

  1. 付き合わない人を決める
  2. 商標登録出願は、いつしたらよいのか?
  3. 知的財産権講座第270回:コンピュータプログラムは著作権で保護さ…
  4. 行政書士業務ごとの関連を知る
  5. 知的財産権講座第200回:サービス業務の内容も特許の対象になる
  6. 「知財経営の実践」の記事の連載を始めました
  7. 知的資産経営その7

最近の記事

PAGE TOP