若手の女性を特許ウーマンに育てる

私はかって、会社の知的財産部門時代、
大卒新卒の女性を部下に与えられ
一人前の特許ウーマンに育てた経験
があります。

彼女にマンツーマンで実務や法律など
基本的なことを教えました。

彼女は心優しく、どちからというと
日本的美人でした。

私と同じく大学では化学系の専攻でした。

私としては、珍しく心を鬼にして
厳しく教えました。
しごいたという感じです。

彼女は人知れず涙を流したことも
あったと後で聞きました。
私は普段は優しいんですがね。

彼女の頑張りにより短期間で、彼女に
一つの研究所の知的財産部門を任せる
ことができるまでになりました。

嬉しいことです。

若手を育てるというのも、大切な仕事で
専門性やノウハウがいることです。

今後も活かせる良い経験だったと
思います。

会社内であれ、どんな立場であれ、
しっかりした社会人、知的財産部門
の若手の人材を育成していく責務を
果たしていきたいですね。

関連記事

  1. 知的資産経営第24回:知的資産経営報告書
  2. 知的資産経営第4回:知的資産経営で事業成長へ
  3. 知財経営の実践(その2) 専門家の利用
  4. ホームページ外注の契約書での重要ポイント
  5. 知的財産権講座第247回:特許ライセンスとロイヤルティ
  6. 知的財産権講座第260回:著作権の侵害?
  7. 知的資産経営第34回:自社の秘密が漏れないような管理が重要
  8. 知的財産権講座第98回:著作権の権利処理・調査

最近の記事

PAGE TOP