私の目指す知的財産コンサルタントとは?

知的財産コンサルタントとは何でしょう

イメージは何となくわかるけど、具体的に
何をする人なの
そんな疑問が湧くようです。

私の目指す知的財産コンサルタントは、
特許出願業務はしません。

特許出願業務は、弁理士の専業です。
行政書士などの資格では、特許出願の
業務はできません。

特許出願の必要が生じた場合は、
私の知り合いの特許事務所、弁理士
を紹介させてもらいます。

特許明細書作成は、依頼者が自分で
作成なされるか、特許事務所に
依頼されることになります。

知的財産コンサルタントは、
知財コンサルティングを行います。

知財コンサルティングとは何でしょうか

知財コンサルティングは知財経営を企業に
導入・定着させるための支援です。

それぞれの企業の経営上の要求や
課題に応じて、

●「特許調査を用いた市場分析の支援」
●「企業内の知的財産に関連する人材の育成支援」
など行います。

なお、企業の強みが技術でない、
ブランドの場合は、知的資産経営
を導入・定着させるための支援
を行います。

詳しくは、次回以降で紹介させて
もらいます。

今回、言いたいことは、
私の目指す
「知的財産コンサルタントは、
特許出願業務はしない」
でした。

関連記事

  1. 商標の身近な話題
  2. 知的資産経営第3回:知的資産経営の導入をお手伝い
  3. 知的財産権講座第35回:商標権
  4. 知的財産権講座第212回:著作権を取りたいとの相談
  5. 知的財産権講座第256回:著作権のポイント
  6. 知的財産権の保護は、行政書士の仕事です
  7. 知的財産権講座第298回:TPPと著作権問題を考える
  8. 私の知的財産業務への道(2)

最近の記事

PAGE TOP