知的財産権講座第256回:著作権のポイント

知っておきたい著作権のポイント

 

クリエーターとは、自分の作品を作り出す人

クリエーターは、オリジナリティを大切に
しなければなりません。

そして違法コピーは、認められません。

クリエーターは、自分の作品を守り、
他者の権利を侵害してはいけません。

クリエーターと著作権の問題が重要となります。

 

著作権というと、一般の人やクリエーターを
目指す人にとって、難しい、やっかいなモノ
と感じるようです。

著作権法という法律は、いきなり条文を読んでも
わかりにくいものです。

著作権についての、ポイントは
、以下の4つです。

・著作物とは何か?

・著作者の持つ権利は何か?

・著作権を許諾なく利用できる場合とは?

・著作権侵害と救済

一般の人やクリエーターは、これらの概略を
理解しておけばよいのです。

著作権法の詳細は、専門家に任せておけば
よいのです。

関連記事

  1. 知財コンサルタントに求められること?(4)
  2. 知財関連補助金業務
  3. 自分の客としてふさわしいか、面接する
  4. 私は何をしてきたのか?
  5. 情報はずっと商品だった
  6. 知的資産経営その16
  7. 知的財産権コンサルタントとして開業
  8. 知的財産権講座第289回:著作権の侵害かどうか?

最近の記事

PAGE TOP