知的財産権講座第93回:外国出願の補助金制度を使う

外国出願の補助金制度を使う

外国出願のためには、
翻訳料、外国特許庁への手数料、
外国弁理士費用等がかかります。

具体的な費用については、
どの国に出願するか、出願国数、
出願書類の枚数、使用する外国弁理士
などによります。

ざっくりとしたことろでは、
欧米で1件1国に付いて、平均120万
アジアで平均80万というところです。

出願するだけの費用です。
特許権利化のための補正などの手続費用も
入れれば、費用はもっと高くなります。

もし中小企業が外国出願をしようとすれば、
かなりの費用の負担ということになります。

そこで、中小企業の外国出願費用を
助成する制度があります。

平成26年度中小企業知的財産活動支援事業費補助金
(中小企業外国出願支援事業)
http://www.jpo.go.jp/sesaku/shien_gaikokusyutugan.htm

また地方公共団体による支援制度もあります。
例えば、
横浜市 経済局 横浜知財みらい企業支援事業

こういう制度の利用により、中小企業も
積極的な外国出願を行うことができます。

なお中小企業の補助金申請手続は、
行政書士の業務の一つです。

関連記事

  1. 知的財産権講座第76回:特許出願の拒絶理由通知への対応(5)
  2. 知的財産権講座第229回:発明の進歩性
  3. 特許庁の審査官との面接
  4. 知的財産権講座第132回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  5. 著作権業務を行政書士が扱うの?
  6. 知的財産権講座第177回:著作権
  7. 知的資産経営その33(商標出願の手続き)
  8. 知的財産権講座第150回:知っておくと役立つ著作権の話

最近の記事

PAGE TOP