著作権の問題、どこに相談したらよいのか?

著作権がらみのトラブルを、どこに
相談したらいいの?

トラブルといえば、普通は弁護士です。
ただし著作権に詳しい弁護士の数は少ないと思います。

著作権に詳しい専門家は

行政書士を挙げたいところですが、
弁護士に相談するのが無難です。

弁理士は、特許出願手続き、特許訴訟が
専門で、著作権に業務として取り組んで
いないようです。

行政書士は、最近は行政書士会が、
著作権分野の宣伝をしているようです。
しかし、著作権に詳しい専門家は
少ないと思います。

もちろん、個人的には、著作権に
詳しい専門家である行政書士も
おられます。
その場合は、適切な相談先となるでしょう。

私も、著作権に関する適切な相談先と
なれるようにしたいと思います。

関連記事

  1. 知的財産権講座第194回:コンピュータ・プログラムは著作権でも保…
  2. 知的財産権講座第290回:コンサルティング契約を結ぶ時の注意点
  3. 知的財産権講座第200回:サービス業務の内容も特許の対象になる
  4. 知的資産経営第6回:事業を継続するために必要なこと
  5. 知的財産権講座第16回:特許協力条約
  6. 知的財産権講座第20回:知財戦略
  7. 知的財産権講座第120回:著作権を許諾なく利用できる場合
  8. 知的財産権講座第210回:改正著作権法

最近の記事

PAGE TOP