著作権の問題、どこに相談したらよいのか?

著作権がらみのトラブルを、どこに
相談したらいいの?

トラブルといえば、普通は弁護士です。
ただし著作権に詳しい弁護士の数は少ないと思います。

著作権に詳しい専門家は

行政書士を挙げたいところですが、
弁護士に相談するのが無難です。

弁理士は、特許出願手続き、特許訴訟が
専門で、著作権に業務として取り組んで
いないようです。

行政書士は、最近は行政書士会が、
著作権分野の宣伝をしているようです。
しかし、著作権に詳しい専門家は
少ないと思います。

もちろん、個人的には、著作権に
詳しい専門家である行政書士も
おられます。
その場合は、適切な相談先となるでしょう。

私も、著作権に関する適切な相談先と
なれるようにしたいと思います。

関連記事

  1. 知的資産経営第36回:SWOT分析で自分の強みを認識する
  2. 知的財産権講座第219回:商標権を侵害していると警告
  3. 知的資産経営その39(外国特許出願の方法)
  4. 知財コンサルタントに求められること?(1)
  5. 新たに知財関連補助金業務に取組みます
  6. 知的財産権講座第301回:回路配置利用権の登録も行政書士の仕事で…
  7. 知的財産権講座第314回:知的財産権の流通を支援する
  8. 知的資産経営第1回:行政書士としての知的資産経営支援

最近の記事

PAGE TOP