特許庁の審査官との面接

特許出願をし、審査請求をすると
たいていは、特許庁の審査官から
拒絶理由通知が届きました。

すんなり特許登録となるとよいのですが、
なかなか難しかったです。

私の発明の質が低かったせいかもしれません。

特許出願の「質より数」の時代だったせいも
あるかもしれません。

拒絶理由通知が届くと、そのままほって
おくと拒絶査定になってしまいます。

期間内に意見書や補正書の提出、分割・変更出願
などを検討します。

期限が決まっているので、期限厳守です。

また重要な発明の場合は、
発明者である私と知財部門の人と
一緒に審査官と面接に特許庁
に出向きました。

ここが発明のポイントです。
従来の技術と違います。
実験データを示して説明しました。
発明への熱意を示すことでした。

私はわりあい審査官との面接は好きでした。

関連記事

  1. 知的資産経営その28(意匠出願)
  2. 知的資産経営第7回:なぜ知財経営が必要なのか?
  3. 開発技術者の時代を振り返る
  4. 知的財産権講座第260回:著作権の侵害?
  5. 知的財産権講座第244回:商標調査の必要性
  6. 私の知的財産業務への道(1)
  7. 開発技術者時代の特許調査とは?
  8. 知的財産権講座第240回:著作隣接権とは?

最近の記事

PAGE TOP