特許合宿

開発技術者には半期ごとに
発明提案の件数にノルマがあります。

ノルマ達成のために、部門員全員で
特許合宿を行います。

1日、外部の例え会議室を借りて、
発明提案のアイデア出し、
特許明細書作成を行うものです。

これは、発明を普段考えていない
人にとっては苦痛の1日となります。

さあ、皆さん、集まって良い発明
アイデアを考えましょう。

特許合宿は理系人間、技術者にとっては、
悪しき習慣だと思います。

私は、特許合宿は意味が少ないと
感じました。

なぜなら、この合宿で新しい良い発明
が生まれたことは無かったと
感じています。

後で発明提案、発明の発掘には、
それなりのノウハウがあると
気付きました。

ただし私、個人としては、普段は
他の仕事に追われて書けなかった
特許明細書を書くことが出来て
嬉しかったです。

関連記事

  1. 知的資産経営第8回:「知的資産」と「知的財産」の違い
  2. 知的資産経営その2
  3. 知的資産経営第11回:あなたのは強みは弱みでもある?
  4. 知的財産権講座第244回:商標調査の必要性
  5. 知的資産経営その22(知財活用の種類)
  6. 知的財産権講座第121回:著作者と著作権者の違い
  7. 著作権登録手続きは行政書士しかできない
  8. お客さんが満足するセミナー講師とは?

最近の記事

PAGE TOP