知的財産権講座第280回:有名絵画の加工は大丈夫ですか?

有名絵画の加工は大丈夫ですか?

Q:著作権についての質問です。

有名絵画の色調を変えたり、トリミングしたり、
加工して、デザインすることは可能でしょうか

加工しようとする絵画は、ゴヤ、レオナルド・ダ・ヴィンチ
などの作品です。

絵をそのままだけならば、問題ないです。
OKだとは思います。

加工することについてはどうなのかな
と疑問に思いました

A:回答

絵画の著作権の期間は、50年ですから、
権利は切れています。

しかし著作権のうち著作者人格権
は残っています。

著作者人格権とは
「著作者の持つ権利」に書いてあります。

著作者人格権を汚さない常識的な範囲
での使用であれば、絵画の加工は
問題は無いと考えられます。

では、人格を汚すとは何でしょう

例えば、ポルノ風に、加工することが
当てはまると考えられます。

 

美術好きな、大学時代は美術部の私としては、
気になるスペインの画家:ゴヤの
裸のマハと着衣のマハ

マドリードのプラド美術館で、本物を
見てきました。

美術や音楽など芸術は、著作権と大いに
関係がありますね

知財戦略=知的財産によって競争力を確保、会社を伸ばすための戦略
をお伝えします。

知財コンサルティングや知財に関するご相談は、
知財法務と技術に関する豊富な実務経験から最善の解決方法をご提案
神奈川県大和市中央林間 行政書士 立花技術法務事務所へ

関連記事

  1. 知的財産権が行政書士の業務と知ってもらう
  2. 知的財産権講座第260回:著作権の侵害?
  3. 「知財経営の実践」の記事の連載を始めました
  4. 知的資産経営その36(特許権侵害)
  5. 知財経営の実践(その7)特許出願とノウハウの保護
  6. 知的財産権講座第72回:特許出願の拒絶理由通知への対応(1)
  7. 知的財産権講座第263回:特許法は何のためにあるか?
  8. 知的財産権講座第20回:知財戦略

最近の記事

PAGE TOP