知的資産経営第38回:知的資産とは何か?

知的資産とは何か?

知的資産経営を知っている

と企業経営をしている知り合いに質問してみたところ

それは特許や商標でしょう

そんな大それたものは持っていない関係ありません
との答えでした。

知的資産経営は特に中小企業では重要ですよ

 

私は知的資産経営については、
経済産業省知的財産政策室が作成のガイドライン
から勉強させてもらっています。

また東京行政書士会の大槻美菜先生の
行政書士が「知的資産経営支援に取り組む」
~中小企業支援の専門家として~
も愛読書であります。

私は長年、知的財産権を専門としてきました。

知的財産というと、特許、商標、著作権、意匠
などです。

これらは限られた人達のものです。
多くの人達、中小企業の方々には縁の無いもの
かもしれません。

知的財産より広い、知的資産という目に見えない
資産について経営に導入するということで
自分の取り扱う業務を広げたいと考えました。

 

なお知的資産の中に知的財産は含まれます。
知的資産は広い概念です。

知的資産とは、ノウハウ、技能、ブランド力、
企業文化などの目にみえにくい経営資源の
総称です。

企業の持っている価値、根底にあるもの
といってもよいでしょう。

 

知的資産を生かした知的資産経営とは何か

 

この問い置いておき、次回はまず知的資産経営は
どのように役立つのか?
紹介したいと思います。

中小企業診断士や行政書士などの専門家が
知的資産経営の企業への導入を支援しています。

知財戦略=知的財産によって競争力を確保、会社を伸ばすための戦略
をお伝えします。

知財コンサルティングや知財に関するご相談は、
知財法務と技術に関する豊富な実務経験から最善の解決方法をご提案
神奈川県大和市中央林間 行政書士 立花技術法務事務所へ

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第119回:著作権を許諾なく利用できる場合
  2. 知的財産権講座第16回:特許協力条約
  3. 知財検定の出題傾向分析(1)
  4. 知的財産権講座第72回:特許出願の拒絶理由通知への対応(1)
  5. 知的財産権講座第290回:コンサルティング契約を結ぶ時の注意点
  6. 知的資産経営その12
  7. 新しい分野にチャレンジする
  8. 知財の仕事の内容は何?

最近の記事

PAGE TOP