特許明細書の作成

特許明細書の作成も、同じ分野だと
慣れれば速くできるようになります。

私の専門の化学、材料分野の明細書
だと作成のコツを掴めばOKです。

知的財産部門と相談しながら
特許明細書を書きます。

しかし、その後に特許事務所に
明細書案を出し、特許出願する
場合もあります。

そうすると、特許事務所から
開発者の私に内容の問い合わせ
がくる場合もありました。

ほとんど、私の作成案通りで、
ところどころ空欄があり「」の中を、
埋めてくださいというもの
が大半でした。

例えば、この発明の材料の最適範囲を
○○%~○○%を埋めてください。

アドバイス、内容チェックといえば
これだけなの?

外部の特許事務所に
お金を払って依頼している意味って何?
付加価値とは?

と開発技術者時代は思っていました。
後で事情はわかりました。

技術者時代や知財部門時代も含めて
けっこうな特許明細書を
書きました。

関連記事

  1. 知的資産経営第25回:誰でも知的資産は持っている
  2. 知的財産権講座の紹介
  3. 知的財産権講座第326回:システム開発委託契約を結ぶ時の注意点
  4. 知的財産権講座第64回:先に出願されていないことが必要
  5. 知的財産権講座第47回:著作権
  6. 知的財産権講座第56回:民法など
  7. 知的資産経営第12回:新規のビジネスモデルを考えるために必要なこ…
  8. 知的資産経営その42(業種ごとの戦略)

最近の記事

PAGE TOP