知財国際行政書士とは?

知財国際行政書士とは

 

国際行政書士というと、
ふつうの人は、わかりません。

 

さて、知財国際行政書士とは

知的財産権の世界は、国際化しています。
特許や商標は、もちろんのこと著作権もです。

外国で事業をする際には、その国で特許
や商標を取得する必要が出てきます。

 

国際的な、知財の部門に取り組む必要があります。

あえて、「知財国際行政書士」と名乗るわけです

今、仕事では米国特許調査をしています。

米国の特許の明細書は、読みにくいですね
独特の表現形式があり、わかりにくいです。

若い頃は、英語が苦手でした。

今になって、英語の重要性を痛感しています。。

しかし、技術がわかればなんとかなるものです。

習うより慣れろでしょう。

 

 

関連記事

  1. 開発技術者の時代を振り返る
  2. 知的財産権講座第132回:楽しく学ぶ著作権・問題編
  3. 知的資産経営第34回:自社の秘密が漏れないような管理が重要
  4. 知的資産経営その20(ライセンス契約)
  5. そんなに安い費用では特許出願はできません
  6. 特許調査をするための条件は?
  7. 営業していると知ってもらうことが大切です
  8. 知的財産権講座第299回:商標権の侵害への対応

最近の記事

PAGE TOP