知的財産権講座第235回:著作物とは何でしょうか ?

著作物とは何でしょうか ?

 

著作権法10条に具体的に規定されています。

多くの人が、イメージする文芸、学術、美術又は音楽
に関するものが著作物として規定されています。

これは、著作物のイメージとは違うと
感じられるもの、誤解が生まれやすい
ものがあります。

地図は著作物でしょうか

地図は、測量に基づき等高線で
表現されたもので、事実を示した
もので著作物ではないのでは

地図にも、目的により色づけしたり
拡大縮小したりと、地図を作成する
人の個性が表現されているものが
あります。

似たような例として、地球儀も
著作物です。

地図にも、著作権が生じていますので、
Webサイトで紹介する際には注意が
必要です。

関連記事

  1. 知的資産経営第19回:知的資産経営に行政書士は、どのように関与で…
  2. 知的財産権講座第189回:特許出願しないで発明を保護する方法
  3. ブログ記事が削除されないために!(追加)
  4. 知的財産権の業務紹介
  5. 知的財産権講座第59回:知財検定
  6. 知的財産権講座第256回:著作権のポイント
  7. 知的資産経営第12回:新規のビジネスモデルを考えるために必要なこ…
  8. 知的財産権講座第301回:回路配置利用権の登録も行政書士の仕事で…

最近の記事

PAGE TOP