司法書士との連携が必要かつ重要です

私は、知的財産関係の仕事をメインにしよう
と思っていますが、会社設立業務も
手がけていこうと思います。

ところで、

株式会社など法人の設立の仕事は、
行政書士だけでは完結しません。

 

会社や法人の設立手続きは法務局へのによって
完了しますので、登記申請は司法書士さんに
依頼することになります。

登記申請書も行政書士が作って、本人に法務局に提出
してもうらうなんてのは違法で、やってはいけません。

株式会社など法人の設立を依頼する人には、
この辺のことはわかりません。

株式会社など法人の設立さえできれば、
よいので知らなくてもよいです。

そこで、株式会社など法人の設立の仕事を
するなら、司法書士さんとの提携が
必要になります。

株式会社の設立登記申請は、1件あたり2〜3万円くらいで
司法書士さんに依頼することになりそうです。

いざ仕事となれば、司法書士さんをインターネットで
調べれて見つければよいのでしょうが、
ブログなどで、前もってつながりがある方が、
私はよいと思っています。

他士業の方とは、できるだけブログなどで、前もってつながり
を持っていたいと思います。

そうすれば、実際に初めて会ったときにも、
話しやすい感じがするからです。

ネットとリアルを組み合わせて人脈を作って
いきたいと思います。

 

関連記事

  1. 特許庁の審査官との面接
  2. 知的財産権講座第239回:著作隣接権とは?
  3. 行政書士は、事務弁護士か?
  4. 知的財産権講座第149回:知っておくと役立つ著作権の話
  5. 知財経営の実践(その5) 特許情報
  6. 知的財産権講座第302回:植物の品種の保護も行政書士の仕事です
  7. 知的財産法Q&A(商標法)
  8. 知的財産権講座第23回:特許権侵害

最近の記事

PAGE TOP