知的財産権講座第236回:意匠とは何ですか?

意匠とは、何ですか?

こういうシンプルな質問ほど、
回答が難しいです。

「自動車のデザイン」=意匠を
思い浮かべるとよいです。

特許法は「技術的思想の創作」の発明を
保護をしています。

 

これに対して意匠法は、「美感の面から創作」
を保護しようとする点で異なっています。

 

車の流線形の美しいデザインは、
意匠として保護されます。

 

意匠は、類似した範囲も保護されます。
全く同一のデザインだけではありません。

 

●物品の部分も保護の対象です。
車のヘッドライトだけも、
意匠の保護範囲です(部分意匠)。

●意匠権を受けた後、3年間は、
秘密にしておくことができます(秘密意匠)。

 

車のデザインは、斬新さが重要です。
外観なので、見られたらマネされやすい
からです。

技術的に、新車のデザインが空気抵抗が
少なく優れた面は、同時に特許として
保護できるかもしれません。

法的には、
意匠法第2条に規定される意匠、
「すなわち、物品(物品の部分を含む。)
の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合で
あって視覚を通じて美感を起こさせるもの」
を保護の対象とします。

関連記事

  1. 知的財産権講座第78回:特許出願の拒絶査定に不服がある場合
  2. 知的財産権講座第211回:著作権フリー画像の正しい掲載方法は?
  3. 知的財産権の保護は、行政書士の仕事です
  4. 知的財産権講座第4回:会社の広告での商品のアピール?
  5. 中小企業の知財活用その1
  6. 行政書士が知的財産権の仕事ができる
  7. 知的財産権講座第73回:特許出願の拒絶理由通知への対応(2)
  8. 「知財経営の実践」の記事の連載を始めました

最近の記事

PAGE TOP