語学を身につけて、国際行政書士

私に、もっと語学力があれば、
上の業務も取り組めるかもしれません。

知財の業務でも、特許の翻訳は、専門の
翻訳家に、依頼することが多いです。

最終の翻訳内容のチェックは、こちらで
行います。

 

語学力のある方と提携ということに
なるかもしれませんね

将来的な、お話ではありますが、
頭の中にあることです。

 

国際行政書士というのは、今後さらに
重要となると思います。

関連記事

  1. 自分で知的財産権の本を出版するしかない
  2. 知的資産経営その14
  3. 行政書士は知的財産権も業務なの?
  4. 知的財産権講座第183回:利益が出てから商標登録をしましょう!
  5. 知的財産権講座第200回:サービス業務の内容も特許の対象になる
  6. 知的財産権講座第212回:著作権を取りたいとの相談
  7. 知的財産権講座第140回:商標権・問題編
  8. 知的財産権講座第316回:著作権契約書の作成代行

最近の記事

PAGE TOP