語学を身につけて、国際行政書士

私に、もっと語学力があれば、
上の業務も取り組めるかもしれません。

知財の業務でも、特許の翻訳は、専門の
翻訳家に、依頼することが多いです。

最終の翻訳内容のチェックは、こちらで
行います。

 

語学力のある方と提携ということに
なるかもしれませんね

将来的な、お話ではありますが、
頭の中にあることです。

 

国際行政書士というのは、今後さらに
重要となると思います。

関連記事

  1. 知的財産権講座第249回:著作権と所有権の違い
  2. 知的財産権講座第199回:サービス業務の内容も特許の対象になる
  3. 知的財産権講座第66回:特許を受けるために必要な書類
  4. 知的財産権講座第193回:営業秘密(企業秘密)
  5. 知的財産権講座第263回:特許法は何のためにあるか?
  6. 費用かけず自分で手続きをしたい
  7. 知的財産権講座についてご紹介します
  8. 今、知っておきたい現代人に必須のスキル

最近の記事

PAGE TOP