語学を身につけて、国際行政書士

私に、もっと語学力があれば、
上の業務も取り組めるかもしれません。

知財の業務でも、特許の翻訳は、専門の
翻訳家に、依頼することが多いです。

最終の翻訳内容のチェックは、こちらで
行います。

 

語学力のある方と提携ということに
なるかもしれませんね

将来的な、お話ではありますが、
頭の中にあることです。

 

国際行政書士というのは、今後さらに
重要となると思います。

関連記事

  1. 知的資産経営第18回:中小企業が知的資産経営を導入するメリット
  2. 知的財産権講座第201回:誰にでもわかる知的財産権
  3. 知的財産権講座第98回:著作権の権利処理・調査
  4. 知的資産経営第24回:知的資産経営報告書
  5. 知的財産権講座第154回:知っておくと役立つ特許の話
  6. 弁理士からのアドバイス
  7. 知的財産権講座第76回:特許出願の拒絶理由通知への対応(5)
  8. 知的財産権講座第298回:TPPと著作権問題を考える

最近の記事

PAGE TOP