行政書士業務ごとの関連を知る

行政書士の業務は、多くの業務があります。

行政書士として、業務を行う場合には、
その業務ごとの関連性を考えて、
仕事につながるチャンスを増やすことを
考えなければなりません。

 

行政書士としては、会社設立業務を
取扱うとします。

会社設立をして仕事を始めるには、
役所などの許認可が必要な場合
があります。

この場合には、許認可業務をセットで
受注することができます。

 

会社設立をすると業務委託契約書など、
いろいろな契約書作成の業務もあります。

 

 

 

さらに、融資や助成金申請は、会社設立と
関連性が強いです。

 

 

 

商標登録や著作権など知的財産権の問題
も発生するかもしれせん。

 

会社設立業務と関連が強い業務を
セットで、顧客に提供できるように
していきたいと思います。

 

関連記事

  1. 契約書作成、相手を信用してはいけない
  2. この絵は、あの絵にそっくり著作権侵害では?
  3. 中小企業の知財活用その1
  4. なぜ知的財産活用プロデューサーになったのか?
  5. 知的資産経営第8回:「知的資産」と「知的財産」の違い
  6. 知的財産権講座第270回:コンピュータプログラムは著作権で保護さ…
  7. 商用利用でも無料で写真検索サービス
  8. 知的財産権講座第159回:知っておくと役立つ特許の話

最近の記事

PAGE TOP