知的財産権講座第222回:著作権法違反

著作権法違反

これは、著作権法違反?

あなたは、例えば会員制の勉強会のメンバーです。

定期的に、メールマガジンがあなたのところに
送られてきています。

会社員である、あなたは、送られてきたメールマガジン
の内容が、会社の仕事に役立つので、
社員全員に、メールマガジンを、そのまま転送しました。

つい、これを気軽にやってしまいそうです。

この行為は、著作権法違反と考えられます。

メール内容を、そのまま転送では、なく
一部を抜き出し、あなたがコメントを加えるなら
問題ない場合があります。

いわゆる「引用」の場合です。

これを、違法だと訴える人は、まずいないと
思います。

しかし、常識として知っておくことが必要です。

関連記事

  1. 知的財産権講座第294回:弁理士と行政書士、知的財産権の仕事の違…
  2. 知的財産権講座第121回:著作者と著作権者の違い
  3. 知的資産経営第35回:知的財産管理とは?
  4. 知的財産権講座第157回:知っておくと役立つ特許の話
  5. 知的財産権講座第127回:特許発明のライセンス契約でのトラブル
  6. 知的財産権講座第73回:特許出願の拒絶理由通知への対応(2)
  7. 知財経営の実践(その6)特許調査
  8. 知的財産権講座第105回:特許調査結果から

最近の記事

PAGE TOP