知的財産権講座第191回:著作権法のポイント

著作権法のポイント

著作権法を理解するには、ここがわかればいい!
というポイントがあります。

その一つを紹介します。

著作隣接権です。

著作隣接権とは、

歌手やピアニストなどの実演家に与えられた権利です。

ピアニストなどの実演家には、
著作権は与えられません。

著作隣接権といっても、何それ?!
という感じがあるかと思います。

では、実演家の持つ著作隣接権とは、
具体的に、どのような権利でしょうか?

ピアニストなどの実演家は、演奏を他人に
無断で録音・録画をされないという
権利を持ちます。

録音・録画するなら、実演家の許諾を
得てください。

ふつうは、有料ですよ。

演奏を放送、もしくはインターネットで
配信も無断でされないという権利も
あります。

実演家の持つ著作隣接権は、著作権と
同じような財産権と考えられます。

著作権の重要なポイントの一つとして
覚えておいてください。

関連記事

  1. 知的資産経営その41(海外模倣品対策)
  2. 知的財産権講座第62回:新規性が失われた場合の例外
  3. ブログのプロフィールから業務提携の話
  4. 若手の女性を特許ウーマンに育てる
  5. 危ない情報コンサルタント!
  6. 知的財産権講座第278回:好きな俳優の写真を無断で掲載する方法
  7. 知的財産権講座第286回:会社設立には商標の調査も必要です
  8. 知的財産権講座第260回:著作権の侵害?

最近の記事

PAGE TOP