知的財産権講座第219回:商標権を侵害していると警告

商標権を侵害していると警告

ビジネスを開始した後で、他人に商標権を侵害
していると訴えられたら
ビジネスが立ち行かなってしまいます。

 

ITベンチャー企業で、よくあるのが
他人の商標権を侵害していると警告書
がくるケースです。

この場合、あわてず騒がず冷静な対応を
することが求められます。

まずは、警告してきた相手の商標権の確認です。

商標権が、存在しているのか

商標権が、存在しているのかは特許庁の商標原簿
で確認できます。

また特許情報プラットフォームで確認できます。

 

商標権が存在しているとして、商標は区分があるので、
自分の使用している区分と他人の登録商標の
区分が異なれば、他人の商標権の侵害には
なりません。

 

例えば、
自分がアクセサリ(区分14類)に商標を使用している場合
他人の商標が、かばん類(区分18類)で登録されていれば、
あなたは、商標権の侵害をしていることには
なりません。

関連記事

  1. 知的財産権講座第31回:著作権の侵害
  2. 知的財産権講座第185回:自分の商標が他人の商標に似ているか?
  3. 知的財産権講座第55回:商標権
  4. 知的財産権講座第315回:日本の生きる道は知的財産権しかない
  5. 知的財産権講座第104回:特許調査の方法(2)
  6. この絵は、あの絵にそっくり著作権侵害では?
  7. 行政書士は知的財産権も業務なの?
  8. 知的財産権講座第246回:米国での特許裁判の実例

最近の記事

PAGE TOP