知的財産権講座第201回:誰にでもわかる知的財産権

誰にでもわかる知的財産権

誰にでもわかる知的財産権というテーマ
について解説してください

このテーマを、ある方からいただきました。

難しいと思われる知的財産権について、
わかりやすく説明して欲しい。

基本的な、ご質問をいただきました。
基本的な質問に答えるのは、難しいです。

実務的な経験を盛り込んだり、自分のフィルター
を通した情報でまないと、ただの知識の
受け売りか、コピーになってしまいそうです。

●知的財産権と知的財産の仕事について

自分なりに二十数年間やってきたことを
織り込みながら、シリーズで紹介していこうと
思います。

「自分が勉強したことが、ほかの人の参考に
なればいいな
自分の仕事にも活かせるかもしれないし。」
といったところです。

知的財産権は、大きく以下に分けられます。

①産業財産権(特許、意匠、商標)

②著作権

③その他の知的財産権
(不正競争防止、回路配置利用権、育成権など)

産業財産権(特許、意匠、商標)は、産業の
発達を図ることを目的としています。

産業財産権(特許、意匠、商標)は、
特許庁へ出願申請して、審査を受けて
登録されないと権利が発生しません。

これらは産業の発達を図ることが、目的
ですから、審査を経た正当な権利でないと、
かえって産業の発達を妨げるおそれが
あるからです。

その他の知的財産権
(不正競争防止、回路配置利用権、育成権など)
は、特許庁への出願申請ではありません。

例えば、種苗(樹木の種)の育成権は、
農水省の出願申請して、審査を受けて
登録されないと権利が発生しません。

 

著作権は、審査なしで、創作した時点で
権利が発生します。

 

著作権は、文化の発達を図ることが、
目的であるからです。

 

知的財産権法は、民法の特別法です。
したがって契約や損害賠償などは、
民法の基本的な知識が必要となります。

以上のように、

知的財産権については、幅広い知識が
必要となるわけです。

 

関連記事

  1. 知的財産権講座についてご紹介します
  2. 行政手続オンライン化で行政書士は不要になる?
  3. 知的財産権講座第87回:知財と条約 パリ条約(3)
  4. 知的財産権講座第255回:モデルの肖像権
  5. 知的財産権講座第58回:著作権
  6. 知的財産権講座第322回:ネット上におけるマナーの問題
  7. 行政書士が知的財産権の仕事ができる
  8. ランサーズ登録で仕事を受注しました

最近の記事

PAGE TOP