私の知的財産業務への道(1)

研究開発技術者から、知的財産権業務へ。

体験および現在も含めて紹介していきます。

知的財産権の出会い、そして今へ。

大学で化学を学んだ私ですが、メーカーで
技術職として仕事を始めました。

新入社員、そして30前後までは、
職人の徒弟制度の弟子のごとく
有無を言わさず仕事させられました。

深夜まで、終電が無くなりまで、
時には徹夜もしました。

しかし技術系なので、実験だけでなく特許を
出願しなさい。

今年の半期で、何件、特許を提案してください。
ノルマが与えられました。

とにかく、その頃は、特許出願の件数を多く
ということでした。

他の大手メーカーも、特許出願件数を
競い合うという時代でした。

特許の内容の重要さは、二の次という
感じでした。

「下手な鉄砲も、数打てば当たる 」

とにかく特許出願の件数を多く出しなさい。

特許出願といっても、私は当時は初めて
ですので、先輩と一緒に、みようみまねで
共同で特許明細書を作成しました。

他社の似たような特許も、参考にしました。
よい教材でした。

特許明細書の作成という、社内の
知財部の技術者向けの講座も
受講しました。

とにかく習うより、慣れろでした。

そのうちに特許明細書作成は、個人で
できる業務で、コツコツとやる自分に
向いているなあと感じ始めました。

そして、特許提案最多件数、優秀特許提案賞など
の社内表彰を受けるまでになりました。

私は、すっかり特許出願で有名に
なってしまいました。

ところが、次回へ続く・・・

 

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第249回:著作権と所有権の違い
  2. 三国志で学ぶランチェスターの法則
  3. 知的財産権講座第17回:特許協力条約
  4. 知的資産経営第27回:知的財産経営とは?
  5. ビジネスモデル特許を考えましょう
  6. 知的資産経営第8回:「知的資産」と「知的財産」の違い
  7. 知的資産経営第39回:商標(ブランド)ネーミング相談
  8. 難しい言葉や専門用語を使ってはいけない

最近の記事

PAGE TOP