行政手続オンライン化で行政書士は不要になる?

とうとう外国人在留手続きまでオンライン化の波が来ました。
在留資格手続のオンライン化について
定款認証のオンライン化、車庫証明のオンライン化など、
行政書士が扱える手続きのオンライン化がされてきています。
特許出願や商標出願の申請などは、とっくにオンライン化
していますし今更という感はありますけどね。
オンライン化になると、行政書士に依頼せずに自分で
手続きする人も増えるかもしれません。
それこそ、いずれAIが取って変わることもあるかもしれません。
しかし私は、行政書士が要らなくなることはないと思います。
オンライン化手続きのお手伝いや相談を受けたい
という人もいるかもしれません。
いずれにしろ「AIと行政書士の仕事」というテーマは、
考えておくべきことです。

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第150回:知っておくと役立つ著作権の話
  2. 行政書士は、攻めのコンサルタント(1)
  3. 知的財産権講座第2回:特許調査は事業経営のために必要
  4. 特許や商標などの手続をできますか?
  5. 専門用語を使ってはいけない
  6. 知財コンサルタントに求められること?(4)
  7. 知的財産権講座第32回:商標出願

最近の記事

PAGE TOP