知的財産権講座第176回:秘密にしておきたいデザインを保護したい?

秘密にしておきたいデザインを保護したい?

以下の発言の内容は適切か

食器メーカーX社は、新しいマークMを
付けた食器皿Aを開発しています。

X社の知的財産部では、マークMを消費者に
アピールするとともに、
食器皿Aに類似するデザインの食器皿が
販売されるのを防止することを
考えています。

 

・食器皿Aの販売開始時期よりも前に
意匠広報に食器皿Aのデザインが掲載
されのを防ぐため、必要であれば
秘密意匠制度を活用したい。

適切○です。

まさに、このような便利な制度が
意匠法にはあります。

関連記事

  1. 知的財産権講座第261回:条文を読むことを楽しみましょう!
  2. 知的資産経営その48(弁理士や弁護士の選定)
  3. 知的財産権講座第249回:著作権と所有権の違い
  4. フリーランスとしての特許調査の仕事
  5. 三国志で学ぶランチェスターの法則
  6. 知的財産権講座第127回:特許発明のライセンス契約でのトラブル
  7. 著作権業務を行政書士が扱うの?
  8. 知的財産権講座第267回:ミッキーマウスを通して著作権を学ぶ

最近の記事

PAGE TOP