知的財産権講座第96回:特許権のライセンス料について

特許権のライセンス料について

特許権のライセンスで、ライセンスをする会社
も、ライセンスを受ける会社にとっても
最も重大な関心事は、ライセンス料です。

ライセンス料は、契約で自由に決められます。
とは言え、ライセンス料には相場があります。

ライセンス料の決め方は

一般的には、販売価格の一定の割合(%)
というものです。

我々の業界の相場で言うと、販売額の
3%~4%というところです。

実際には、いろいろな条件を加味しますので、
簡単にはライセンス料は決められせん。

この決め方の他にも、定額や最低実施料を
設定したりもあります。

また、頭金と実施料を組み合わせる場合も
あります。

販売額の3%~4%というと、あまり儲からない
感じがするかもしれません。

しかし、国際規格として特許の方法が
認められたりして、多数の企業に特許権
をライセンスするようになると、
ライセンス料で食べていけるということ
にもなります。

関連記事

  1. 知的財産権講座第146回:知っておくと役立つ特許の話
  2. 知的財産権講座第195回:パクリデザイナーと言われないために
  3. 知的財産権講座第15回:特許協力条約
  4. 知的財産権の業務紹介
  5. 知的資産経営その21(応用技術の保護)
  6. 行政書士の著作権業務のための勉強
  7. 知的財産権講座第24回:特許権侵害
  8. 知的財産権講座第241回:台湾で「さぬき」商標登録無効

最近の記事

PAGE TOP