私ができる知的財産保護のお手伝い

知的財産保護

 

ビジネスは早いもの勝ちです。

斬新なアイデアを他社より早く商品として売り出す。

さらにそのアイデアの特許を取得すれば一定期間、
独占的な商売ができるので売上増加が見込まれます。

 

メーカーにおいては、商品開発は自社のみではなく、
他社と共同開発をするケースもありました。

そのような場合には、お互いの情報が
漏えいしないように、共同開発契約書、
秘密保持契約書などが必要になります。

そのような場合には、お互いの情報が
漏えいしないように、共同開発契約書、
秘密保持契約書などが必要になります。

情報の漏えいによる致命的な損害を避けるために、
共同開発契約書、秘密保持契約書の作成に際して、
第三者として行政書士に参加してもらうと公正を
期することができます。

 

中でも知的財産権を専門の仕事にしている行政書士
であれば関連する法律にも詳しいので、行政書士と
仕事をするメリットは非常に大きいものとなります。

 

これまでの知的財産の仕事の経験を、行政書士として
他者のために活かしていこうと思います。

 

以上

関連記事

  1. 知的財産権講座第313回:著作権に関する行政書士の業務
  2. 知的財産権講座第81回:特許出願を公開する理由
  3. 知財経営の実践(その2) 専門家の利用
  4. 知的資産経営その7
  5. 知的財産権講座第62回:新規性が失われた場合の例外
  6. 知的財産権講座第286回:会社設立には商標の調査も必要です
  7. 知的財産権講座第312回:著作権に関する行政書士の業務
  8. 著作権法は、学びにくい!

最近の記事

PAGE TOP