知的資産経営第17回:中小企業が知的資産経営を導入するメリット

中小企業が知的資産経営を導入するメリット

 

中小企業が知的資産経営を導入するメリットは
何でしょうか?

知的資産経営の手法を中小企業が採用するメリットは
以下です。

どんな企業にも潜在的な能力として知的資産
は必ずある。

それの見える化ができて、活用できる。

●知的資産経営は低い費用で導入できる。

知的資産経営は、企業の中にある潜在的にある能力、
ノウハウを見出し、自覚して、見える化するものです。

しかし、そのためにコストはかかるのでしょうか?
大手企業なら相当のコストがかかる特許権取得を
行い、知的資産の保護、活用を図ることができます。

知的資産経営のための、ノウハウ保護のための
手続のコストはかかりますが、特許権取得など
の費用よりは低いコストで導入可能です。

●知的資産経営報告書は、融資の際の資料となる

知的資産経営の成果物の一つのである知的資産経営報告書
が企業理念を示す有力な資料となる。

関連記事

  1. 開発技術者の時代を振り返る
  2. 知的資産経営その41(海外模倣品対策)
  3. 知的財産権講座第282回:自分の小説や漫画の著作権を取得したい?…
  4. 知財検定の勉強法(2)
  5. 知的資産経営その46(知財コンサルティング)
  6. 知的財産権講座第288回:「不思議の国のアリス」をポルノ画像には…
  7. 知的財産権講座第80回:緊急の特許出願の場合
  8. 知的財産権講座第196回:商標出願、知らないではすまされないポイ…

最近の記事

PAGE TOP