知的財産権講座第154回:知っておくと役立つ特許の話

特許権を侵害された場合の対応は
どうすればよいのか

 

電機メーカーA社は、液晶TVの技術の特許を
保有しています。

どうやら、最近、電機メーカーB社が発売した
液晶TVは、A社の特許権を侵害しているらしい
ということがわかりました。

さて、A社は、どのようにB社に対応したらよいでしょう。

ここで、まず特許権とはどんな権利かを
確認してみましょう。

特許法では、
「特許権者は、業として特許発明の実施する
権利を専有する」と定めています(68条)。

 

「業として」ですので、例えば「模型自動車」の
特許権があったとして、個人的な趣味で、
自分の自宅で飾るために、部品を買ってきて
模型自動車を組み立てても特許権の侵害
にはなりません。

 

また、他人が、無断で試験または研究のために
A社の液晶の特許発明を実施しても侵害には
なりません。

特許法は、産業の発達を図ることが目的です。
試験または研究のために他人の特許発明を
実施することで、さらに改良技術が生まれる
可能性があるからです。

ただし、マーケティングを目的とした
試験販売は、特許権の侵害となりますので、
注意が必要です。

あくまで、試験または研究のための実施が
認められだけです。

関連記事

  1. 知的財産権講座第313回:著作権に関する行政書士の業務
  2. 知的財産権講座第190回:著作権法のポイント
  3. 大量のお仕事の依頼がきました
  4. もうけの花道
  5. 知的財産権講座第101回:著作権の存在事実証明
  6. 新たに知財関連補助金業務に取組みます
  7. 私の知的財産業務への道(2)
  8. 知的財産権コンサルタントへの道

最近の記事

PAGE TOP