知的資産経営第19回:知的資産経営に行政書士は、どのように関与できるか?

●知的資産経営に行政書士は、どのように関与できるか?

知的資産経営には、中小企業診断士、税理士、
行政書士などの各分野の専門家が
関与しています。

 

行政書士が、知的資産経営コンサルティングを業務
として行っていく上で必要なものは、
企業法務の理解と知的財産権の理解です。

 

ただし知的財産権の理解については、深く専門的なもの
までは必要ないと思います。
その中で特許出願などの業務が発生するかもしれませんが、
その際は、弁理士との連携が必要になると思います。
また、会計事務所との連携も必要になるかもしれません。

 

その際は、よろしく!という関係を築いておく
必要はあります。

 

業務として行うのは、あくまでも知的資産経営という
見方を導入するコンサルティングだからです。

 

化学メーカーに知的資産経営の導入を、お話
するのに、化学メーカーの専門技術を熟知する
必要はないと思います。
専門家は、あくまで化学メーカーですから。

といっても最低限の知的財産権の理解のために、
知的財産管理技能士の資格取得は必要かなと
思います。

 

私は、二級知的財産管理技能士を取得しています。
最低限の著作権法、特許法など、不正競争防止法、
独占禁止法などの知的財産に関しての
「広く、浅く、正確な知識」を持っています。

これを生かして、行政書士として、
知的資産経営コンサルティングの業務を
行って行きたいと思っています。

関連記事

  1. 知的財産権講座第93回:外国出願の補助金制度を使う
  2. 知的財産権講座第13回:パリ条約
  3. 知的財産権講座第28回:著作権の利用
  4. 語学を身につけて、国際行政書士
  5. 知財コンサルティングの具体的内容
  6. 知的資産経営その35(特許権侵害を争う方法)
  7. 知的財産権講座第75回:特許出願の拒絶理由通知への対応(4)
  8. 知的財産権講座第232回:著作権法がなければどうなるか?

最近の記事

PAGE TOP