知的資産経営第18回:中小企業が知的資産経営を導入するメリット

中小企業が知的資産経営を導入するメリット

 

中小企業が知的資産経営を導入するメリットは
何でしょうか?

知的資産経営の手法を中小企業が採用するメリットは
以下です。

●どんな企業にも潜在的な能力として知的資産は必ずある。

それの見える化ができて、活用できる。

「特許やノウハウなどと縁がないです」
という中小企業の経営者でも、事業を継続している
限りは必「知的資産」はあります。

知的資産とは、人材であったり、技能、顧客との
長年にわたり築きあげてきたネットワークなど
です。

これらは自ら意識されていないことが多いですが、
立派な知的資産です。

知的資産経営は、これらを強みとして生かし、
見える化する経営手法です。

自らの強み、弱みを知り、これを戦略として生かす
ということは、私もこれから自分自身でも
やっていかなければならないと思っています。

関連記事

  1. 知的財産権講座第110回:著作者が持つ権利とは
  2. 知的財産権講座第298回:TPPと著作権問題を考える
  3. 著作権と著作者人格権とは?
  4. 知的財産権講座第200回:サービス業務の内容も特許の対象になる
  5. 知財コンサルティングとは?
  6. 知的財産権講座第254回:著作権の相続も重要
  7. 知的財産権講座第63回:発明は新規性だけでなく進歩性も必要
  8. 知的財産権講座第292回:侵害品の輸入差止

最近の記事

PAGE TOP