特許や商標などの手続をできますか?

行政書士は、特許や商標などの手続をできますか?

こんな、質問がきました。

出願から権利化までの手続は弁理士の独占業務
ですから、行政書士は取扱えません

行政書士は、出願前の調査や発明相談・
ネーミング相談、権利化後のロイヤリティ契約
や権利移転の手続などは行えます。

出願や権利紛争については適当な
弁理士・弁護士を紹介することもできます。

そんなこと、当たり前じゃないか
何を、今さら言っているのか
とも思います。

しかしプロの常識は、普通の人の常識ではない

これを、プロは忘れがちです。

わかりにくいことを、普通の人にもわかりやすく
粘り強く説明する。

この姿勢が大切だと改めて思います。

 

 

関連記事

  1. 知的財産権講座第301回:回路配置利用権の登録も行政書士の仕事で…
  2. 知的財産権講座第179回:TPPで著作権保護が「死後70年」に延…
  3. 知的資産経営第37回:誰もが持っていますよ!知的資産
  4. 知的財産権講座第200回:サービス業務の内容も特許の対象になる
  5. 知的資産経営第32回:特許調査費用の助成金を利用
  6. 知的財産権講座第144回:知っておくと役立つ特許の話
  7. 知的資産経営その49(知財活動の実践)
  8. 自分で知的財産権の本を出版するしかない

最近の記事

PAGE TOP