商品を提供ではなく価値を感じてもらう

行政書士が、お客様に提供することは、
会社設立の手続き、建設業許可を取ることではありません。

たとえば、会社設立の場合、行政書士でれば誰に依頼しても
会社設立ができたという結果は同じです。

もちろん早くできた、スムーズに会社設立ができたという
ことも重要です。

自分で会社設立の手続きするより、専門家である行政書士に
依頼したらこんな価値があった。

商品を提供するなくお客様に、その価値を感じてもらう

必要があります。

お客様は、会社設立することが目的ではありません。

会社を設立し、事業売上を伸ばし、事業を継続していくことです。

そのためのお客様へのフォローをしていく。

融資を受けたい、会計記帳を依頼したい、契約書の作成を
依頼したいなど、いろいろなお客様の要望に応えていく。

商品の多様化により、お客様に喜びと満足感という価値

を感じてもらう。

事業継続のためにお客様は、自分のやるべきこと、

自分しかできない営業活動に注力できた。

行政書士に会社設立手続きを依頼した結果、
その後の事業を順調に立ち上げることができた、

売上の向上し喜びと満足感を得られたという価値を
していきたいと思います。

 

関連記事

  1. 行政書士と弁護士との縄張り争い?
  2. 「婚前契約書」の作成
  3. 非常識な行政書士事務所の成功方法
  4. 即決即断でいきたいものです
  5. 行政書士と環境ビジネス支援
  6. 時間に縛られない生活が実現できました
  7. 三国志で学ぶランチェスターの法則
  8. 会社法の勉強は役立ちます

最近の記事

PAGE TOP