売れていないときから人に任せましょう!

行政書士事務所を開業するためには、
経営者としての勉強やマーケティングなど
の勉強が、法律や行政書士実務より100倍も
大切です。

そこで、起業に成功する人は、

売れてないときから人に任せる

人に仕事を頼めば、お金がかかります。

自分で、時間をかけて勉強すれば
できるかもしれません。

しかし、人に仕事を頼んでみる。

自分のホームページ制作は、時間と勉強の
時間をかければできるかもしません。

しかし、プロと素人では、歴然としたレベル
の差があります。

思い切って、売れてないときから人=プロ

に任せることです。

もし、プロになるための時間と修業が
あったとしても、それらをショートカット
できます。

ショートカットできる時間で、何をやるのか?

小なりといえども経営者なら、
その仕事の多くは、集客そして売ることです。

これは、自分の代わりは誰もできません。

会社設立して事業を始めたい。

会社設立や役所等への許認可、契約書作成など
を自分でしている場合ではありません。

これらは、人に任せましょう。

10万円のコストが、かかったとしても、
その何倍もの利益を生み出すことに
なります。

経営者は、えいっ!と人に任せる練習も
必要です。

 

関連記事

  1. おおらかにお金の流れを見ています
  2. 行政書士の資格では食えない?
  3. いいことが次々と起こる音楽を聴く
  4. 行政書士と弁護士との縄張り争い?
  5. 時給を1時間1万円ぐらいで設定しています
  6. ホテル・リッツカールトンから学ぶ
  7. 行政書士と社会保険労務士の業務のいい関係
  8. 知り合いの独立中小企業診断士から学ぶ(3)

最近の記事

PAGE TOP