シニア起業を支援します

起業家の会社設立のお手伝いは、
行政書士や税理士などが業務としています。

 

行政書士の会社設立業務は起業塾とコラボ

先日、元気なシニア、
シニア起業も活発ということが
報道されていました。

 

さっそくその実態を調べてみると、

総務省「就業構造基本調査」によると、創業者の年齢は
、50歳以上の方が全体の約4割
を占めています。

 

中小企業白書データでは、
シニア(50歳以上)の起業件数が
「40歳未満の若者の起業件数」
より多くなっています。

 

年金の全額支給が65歳になった。
退職したら悠々自適という人は多くはない。

 

老後に不安がある。

リストラによる「早期退職」で、割り増し退職金
をもらって起業する。

 

などの事情もあると思います。

 

 

起業支援なら、シニアの起業も大きな市場と言えます。

 

 

私もシニア起業するにあたって知りたいことは、
非常に多いです。

 

社会保険、年金、失業手当、
税金、会社設立手続、起業にまつわる融資と
助成金制度など
、多くあります。

 

このことから、
シニア起業の支援をするというニーズは
多そうです。

 

シニア起業の支援をするという仕事で
シニア起業するというのもよいかも
しれません。

 

これらは、
社会保険労務士、税理士、行政書士などへの
相談したいことです。

関連記事

  1. 商品を提供ではなく価値を感じてもらう
  2. 司法書士との連携が必要かつ重要です
  3. 成功している同業者のまねをすればうまくいく
  4. 会社設立の流れその7(役員)
  5. 会社設立の資本金その2
  6. 会社設立の相談(個人事業主と法人の違い?)
  7. 会社設立の流れその2
  8. 会社設立の流れ23(資本金の額)

最近の記事

PAGE TOP