会社設立の資本金その1

会社設立の資本金はいくらにすればよいか?

会社法によれば、資本金は1円でもよいです。
しかし1円でよいでしょうか?

 

会社をつくる目的はなんでしょうか。

会社設立の目的のひとつは、社会的信用を得ることです。
資本金1円では、社会的な信用が得られるか?疑問です。

資本金をいくらにすればよいか。

 

結論

資本金=初期費用+(1カ月の運転資金×6ヶ月)

運転資金×6ヶ月としたのは、開業後に売上が上がるまで、6ヶ月かかるとみてのことです。

開業後に売上が上がるまで、もう少しも短い期間でよい場合もあります。

しかし最低限、運転資金×3ヶ月は確保することがよいです。

 

初期費用とは

・事務所や店舗の初期費用
・会社設立費用
・会社設立前にかかる費用

1カ月に必要な運転資金とは

・事務所や店舗の家賃
・設備、備品の購入資金
・商品の仕入れ
・広告宣伝費
・通信費
・交通費
・消耗品費
・人件費

などです。

資本金を決めるためには、次のいくつかの観点があります。

・税金面

・運転資金面

・借入融資面

・許認可の面

・決算の面

・信用面

今回は、運転資金面からについて説明しました。

なお、会社を設立する人それぞれで、事情が異なります。
個別に専門家に相談してみることをお薦めします。

関連記事

  1. 会社設立の流れその8
  2. 会社設立の流れその2
  3. 会社設立の流れ22(電子定款)
  4. 会社設立の費用その2
  5. 会社設立時の開業資金の借り方3
  6. 会社設立の流れ21 (一般社団法人)
  7. 株式会社設立の流れその8
  8. 会社設立の流れその7(役員)

最近の記事

PAGE TOP