資格に上下は無い

資格試験の難しさで、その資格は
偉い、上だ

こんな話を聞いたことがありませんか

例えば、法律系の資格では、
司法試験は、確かに難関の試験です。
合格者の法律知識は深いです。

 

資格の難易度に、上下はあっても
資格自体の価値に上下はないはずです。

 

資格は取ることに意味があるのでなく、
それを、いかに活かすかです。

お客さんに、
「あなた、弁護士かと思って連絡したけど
、違うんだったらけっこうです。
知り合いの弁護士がいるからそっちに頼むわ」
と言われて、資格コンプレックス

ああ勘違い

 

お客さんからみれば、何士であろうが、
今、悩んでいる問題を解決してくれる
人がありがたいのです。

 

関連記事

  1. 行政書士として取り組むニッチな業務
  2. 風俗営業許可申請の仕事は危ないのか?
  3. 「売れる物」は頭の中にあった
  4. なぜ行政書士に仕事を頼むのか?
  5. 初めて環境法規制の御相談を頂きました
  6. サラリーマンの副業行政書士という選択
  7. お客様の要望に応えるための人脈づくりをします
  8. ホームページが無い会社はブラック企業か?

最近の記事

PAGE TOP