行政書士の将来性は?

行政書士の将来性は?

行政書士が取り扱うことができる書類の数は
昔より増えています。

今では10,000種類を超えています。

規制の緩和で、行政書士の扱う分野が
広がっているように思います。

ただし、官公署に提出書類が簡素化されつつあります。

また、電子化によって申請も簡単になっています。

簡単な手続きなら、自分でやろう。

ということもあり、行政書士の仕事は
減少する傾向にあります。

では、行政書士の将来は?

専門領域を持ち、コンサルタント的な能力も高い
行政書士が必要とされていきます。

日々、勉強と研鑽が必要です。

関連記事

  1. 行政書士がフェイスブックをする目的
  2. 行政書士の職域を知らないと逮捕されます
  3. 週末だけの行政書士活動は可能か?
  4. 知り合いの独立中小企業診断士から学ぶ
  5. 起業に大きなチャレンジは必要ない
  6. 行政書士は身近な存在か?
  7. 輸入化粧品をネット販売するためには?その2
  8. 行政書士の実務で役立つ法律

最近の記事

PAGE TOP