起業に大きなチャレンジは必要ない

行政書士事務所を開業するためには、
経営者としての勉強やマーケティングなど
の勉強が、法律や行政書士実務より100倍も
大切です。

経営者としての勉強やマーケテイングなどの
勉強が、法律や行政書士より大切である
と思っています。

私が読んでみて、参考になった、参考に
している本を紹介します。

 

起業1年目の教科書 起業1年目の教科書

この本は、久々に手元に置いて、何度も読み返して
みようと思う一冊でした。

私は、起業=行政書士開業がまだ先の事のため、
現在のモチベーションをいかに保つか?
ということを考えています。

そこで、本書の中でも、以下の「階段思考」
が、自分にピッタリだと思いました。

成功している人は、
•大きな目標に到達するための細かな階段を

作っている「階段思考」

読み進んでいくうちに、とにかく何か一歩を
踏み出せばよいと気が楽になりました。

•起業に大きなチャレンジは必要ないという考え方

起業とは、ハードルの高い大きなチャレンジだと
いうのは、勘違いだと思えてきます。

本書を読んで、実行していこうと決めたことは
以下の3点です。

1.毎日1時間を起業時間に当てる

2.今日1日の起業に向けての行動を視覚化する

3.毎月の起業の行動目標を立てる

頑張っていきます。

 

関連記事

  1. ネットビジネスで権利を守るためにすべきこと
  2. やはり起業には、簿記や経理の知識が必要なのか?
  3. 行政書士と弁護士との縄張り争い?
  4. お客様の要望に応えるための人脈づくりをします
  5. フリーランスになってのメリットその3
  6. 何もしなかったという1日はない
  7. 行政書士の将来性は?
  8. 成功している同業者のまねをすればうまくいく

最近の記事

PAGE TOP