フリーランスになってのデメリット

フリーランスになって感じているデメリットを
挙げてみました。
デメリットは、工夫や考え方を変えることで
克服できました。
●何でも自分でやらなければいけなくなった
大きな会社では誰かがやってくれることも、
自分でやらなければなりません。
会議室の予約から、プリンターの紙の注文、交通費の精算まで、
自分でやる仕事の範囲が大きくなりました。
忙しい時には、このような細かい事務作業は
精神的ストレスになります。
しかし、家内が、これらの仕事をやってくれるように
なりました。
これで、デメリットが解消しました。
●仕事が無くなる恐怖感が強くなった
毎月決まった日に給料がもらえる生活から、通帳に振り込まれた
収入から生計を立てる生活へ。
定期的に入ってくる収入(技術コンサルタント料、不労所得)
などもありますが、それ以外は仕事をやった分だけ
お金がもらえる生活になりました。
仕事の依頼が無くなったら?
セミナーに人が来なくなったら?そんな恐怖感を、
当初は味わいました。
定期的に入ってくる収入があるので、
「ぜいたく」さえしなければ問題ありません。

関連記事

  1. 当事務所に、電話の際はご注意ください
  2. 成功する人は売れていないときから人に任せる
  3. ゆるい人間関係が、お客様につながってくる
  4. 行政書士の資格では食えない?(2)
  5. マーケティングの勉強が必要!
  6. エコの話(廃棄物とリサイクル)
  7. 他の専門の行政書士を紹介します
  8. 「売れる物」は頭の中にあった

最近の記事

PAGE TOP