行政書士は、攻めのコンサルタント(1)

行政書士、「攻めのコンサルタント」
として期待されていると思います。

行政書士の仕事は、実際のところ書類作成
の代行だけですむでしょうか

たとえば、株式会社の設立や、知的財産権を
管理する業務
などを、依頼者から頼まれた場合、
そのまま書類作成だけで、仕事がかたづく
ことは考えにくいです。

財産分割など相続業務、遺言書作成や
ビザの申請
など、お客様からの依頼を
受けた時にもあてはまることです。

 

行政書士という資格は、いろいろな事業の
発展を支援する「攻めの経営」の場面で、
非常に力を発揮してくれる資格だと思います。

お客様をコンサルティングするといっても、
いろいろな目的があります。

行政書士は、今後はますます「コンサルタント」
であることが求められているのです。

専門分野の申請書類の内容や事情
詳しくなったとしても、まだそれだけでは
事務所経営は安定しないでしょう。

 

成長を目指す企業などの顧問コンサルタント
となり、「攻めのコンサルティング」を行えるのは、

数ある士業のなかでも、行政書士
最も適していると思います。

関連記事

  1. 知的資産経営その12
  2. スパイ活動?
  3. 知的財産権講座第9回:意匠登録の要件
  4. 知的財産権講座第76回:特許出願の拒絶理由通知への対応(5)
  5. 知的財産権講座第196回:商標出願、知らないではすまされないポイ…
  6. わかってもらえませんね!
  7. 遺言書の作成その4
  8. 知財コンサルタントに求められること?(2)

最近の記事

PAGE TOP