理系行政書士の生きる道

理系の人にとって行政書士という資格は
どのように活用できるのでしょうか

行政書士の業務で、官公庁への許認可申請
があります。

技術系の許認可申請というものが
けっこうな数あります。

思いつくままに、ほんの一例ですが、

化学品製造、化粧品製造、医薬品製造、
化学品安全性、環境法規制
などです。

 

技術関連の法律は、

化審法

環境関連法規制

薬事法

電気用品安全法

知的財産法(特許など) など。

 

技術系のコンサルティングの仕事を
行政書士が取り組む。
やはり「餅は餅屋」です。
 

技術系の分野は、全く知識のない文系出身者と
知識を持っている理系出身者とでは、
業務レベルの差が明らかとなる分野だと思います。

これからの行政書士はコンサルティング業務
が重要だと思います。

技術系のコンサルティング業務も増えていくと
思います。

 

関連記事

  1. 知財コンサルタントに求められること?(2)
  2. 知的資産経営その5
  3. 知的資産経営その19(第三者の技術活用)
  4. 危ない情報コンサルタント!
  5. 知的財産権講座第259回:知的財産制度を悪用
  6. 知的財産権講座第16回:特許協力条約
  7. 開発技術者の時代を振り返る
  8. 知的財産権講座第53回:著作権

最近の記事

PAGE TOP