フリーランスになってのメリットその2

会社員を辞めて、フリーランスになって感じているメリットを
考えてみました。
●仕事の意思決定が早くなった
会社で仕事をしている時は、会議で決めることが多く、
いつまでも意思決定できない場合も多々ありました。
「会議は踊る、されど進まず」という有名な言葉があります。
ナポレオン戦争が終わったあと、各国が集まって
ウィーン会議を開いたものの、何ヶ月たっても話が
まりまりませんでした。
ダラダラと話をするだけで何も決まりません。
「それでは、また明日続きをやりましょうか」
を会議が延長されていきます。
しかし1人で仕事を始めると決めるのは全て自分です。
責任を感じ、プレッシャーでもありますが、
サクサク仕事が進み、無意味な会議が
無くなったのは良いことです。

関連記事

  1. 士業の売りは、その「専門性」です
  2. 行政書士は代書屋さん?
  3. 資格には「信頼」という力がある
  4. ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣
  5. 行政書士会は週末行政書士を認めるか?
  6. 商品がなくても情報を発信することが重要です
  7. サラリーマン行政書士
  8. フリーランスになってのメリットその3

最近の記事

PAGE TOP