あなたは、お金を捨てる勇気を持てますか?

新たに事業やお店を始める際には、
広告宣伝が必要です。

広告宣伝費用を、売上の15%から20%を
かけるのが普通のようです。

新たに事業やお店を始める際には、
広告宣伝をしないなんてあり得ないです。

しかし、
行政書士事務所を開業するにあたり
広告宣伝費をかけない人が多い。

世の中の多くの人に、自分の存在を
知ってもらわずして、成功はない。

もちろん広告宣伝費には、リスクがあります。

先に、費用をかけても回収できる保証は
ありません。

 

先に、150万から200万の広告宣伝費を
かけて、確実に売上1000万を稼げる

なら、誰でも150万から200万の広告宣伝費を
かけます。

世の中に事業に失敗する人などいなくなります。

お金を捨てる勇気があるか?

 

行政書士という新規事業サービスを
成功させるカギがそこにあります。

関連記事

  1. 「一」という数字は非常に危険な数字です
  2. 行政書士は、それぞれ専門分野が異なります。
  3. 趣味は資格を取ることです
  4. 行政書士と税理士の業務のいい関係
  5. 知り合いの独立中小企業診断士から学ぶ(3)
  6. 行政書士は、今さらながら許認可業務のプロです
  7. 資格に上下は無い
  8. 個人事業主になって良かったこと

最近の記事

PAGE TOP