士業のライバルは、ホテル・リッツカールトンです!

会社経営や事務所経営をしているなら
ホスピタリティ(おもてなし)を

学ばなければなりません。

事務所のサービス内容は、自分自身の
ホスピタリティ(おもてなし)が
重要です

リッツカールトンについて書かれた本で
学んでいます。

 

 

リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間 リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間

1,620円
Amazon

紳士淑女には紳士淑女がサービスを!!

本では、不十分ですが、まずは理念を
学ぶことは意味があります。

お客様のリッツカールトンのサービスを受けた
後に、あなたの会社や事務所のサービス
がホスピタリティが欠けていたらはてなマーク

あなたの会社や事務所のサービス
が、お客様から断られるかもしれません。

あなたの会社や事務所のライバルは、

ホテル・リッツカールトンかも
しれません。

実は、かく言う私は、リッツカールトンに
宿泊したことがありません。

なので、本当にそうなのか確認できて
いません。

将来の特別な記念日に、宿泊しようと
決めています。

 

関連記事

  1. 「法律家」である前に「起業家」たれ!
  2. 読書量が経営者の器を変える
  3. 個人事業主になって良かったこと
  4. 美容サロンも、行政書士のお客様です
  5. 行政書士の資格では食えない?(2)
  6. 売れていないときから人に任せましょう!
  7. 一生食っていくための「士業」の営業術
  8. 行政書士は、それぞれ専門分野が異なります。

最近の記事

PAGE TOP